NEWS

News

【医療関係の皆様へ】仮設病院の企画書V2.0を発表しました。

新型コロナウイルス感染症への対応が長期化する中で、
特別警戒都道府県等における医療崩壊の危機的状況は、
医療従事者及び関係者の御努力によって辛うじて支えられています。
日々ご苦労されている皆様には、心より感謝と労いの気持ちをお伝えしたいと思います。

内藤建築事務所では令和2年4月15日付けで、
企画書「仮設病院Ver.1.0」を発表し、多くの反響が寄せられています。
このたび、モデルプランの実施設計図書が整いましたので、
企画書をバージョンアップし「仮設病院Ver.2.0」としてお届けいたします。
より詳しい説明や、具体的な相談が必要な時には、担当者がお伺いいたしますので、お申し付けください。

厚生労働省から令和2年4月17日付けで、
「新型コロナウイルス感染症対応に係る医療機関の開設手続き等について」が発令されましたが、
国内における仮設病院の取り組みは、いまだ整備件数が少ないのが現状です。
背景として建設費に対する資金補助の体制が整っていないことが考えられます。
また、施設整備以前に医療スタッフや医療資機材の不足が、差し迫った問題となっているのが現状です。

一日も早く、感染拡大が終息し、
仮設病院など建設することなく、平穏な日々が訪れることを願いながら、
取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

≫【v2.0最終】仮設病院PJ_200507

 

Emergency Provisional Hospital

Plan for infectious disease hospital with temporary construction to prevent medical collapse due to COVID-19.

●In order to promptly respond to the social need to secure hospital beds.
●To organize the issues about the temporary hospital in advance and prepare it as one package service.
●A case study on having patients in specific hospitals to solve the shortage of medical workers and built a temporary hospital in the front yard of the hospital.
●To built a well-functioning medical hospital quickly by using materials that can be easily procured from anywhere.
●To consider the possibility of infection by the small amount of droplets.
(*Meanwhile, the response to airborne infection is inadequate)
●To reduce the burden and anxiety on hospitals that perform medical activity in the front line.
●Based on the standard model plan but variability and extensibility will also be considered.

≫【v2.0Final】Emergency Provisional Hospital PJ_200507 English ver

【医療関係の皆様へ】仮設病院の企画書を発表しました。

このたび内藤建築事務所では「仮設病院プロジェクト」として企画書を作成いたしました。企画書の概要版を添付ファイルにて公開しております。

なお、より詳しい説明や、具体的な相談が必要な時には、担当者がお伺いいたしますので、お申し付けください。

本プロジェクトの狙いとしましては、特に高度な医療従事者の不足に対応するために、重症、中等症の治療施設を特定の病院に集中させることが望ましいと考え、病院の庭先に仮設病院を増築するケースを想定しています。もちろん、大規模に展開することも可能です。

また国内のどの都市においても容易に調達可能な資材を用いて、十分な医療機能を発揮できる建物を迅速に作ることができるように考慮しました。

一日も早く、感染拡大が終息することを願いながら、取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

≫仮設病院PJ概要版20200415

緊急事態宣言発令に伴う対応について

本日発令されました緊急事態宣言に伴い、当社では以下の方針で対応し新型コロナウイルス感染拡大防止に努めます。

・打合せや現場定例会議については可能な限り、電話・メール・WEB会議等での対応といたします

・現場監理業務における打合せも上記と同様の対応といたしますが、打合せ以外の業務は感染予防策を徹底した上、現場の進捗に支障のないように努めます

・今後、業務内容と状況に合わせて、当社社員も順次在宅勤務に移行いたします

お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束と、皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。

新型コロナウィルス感染拡大防止の対応実施について

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う対策について

今般の新型コロナウィルスの感染拡大を受けまして、当社は、取引先の皆様及び社員の感染リスクを排除するとともに、安全を確保し事業を継続することを最優先に考え、以下の措置を実施させていただきます。

 1. 社外での面談による打ち合わせの禁止
 2. 当社へのご訪問のお断り

今後も状況の変化に応じ、感染拡大防止に努めてまいります。

当措置によりお取引先様ならびに関係者の皆様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

以上

新卒採用情報を更新しました

2021年3月卒業見込みの方について、再度応募を受付致します。
詳細は≫採用情報をご覧ください。

Category

  1. ブログ
  2. お知らせ

New Entry

  1. 夏季休業のお知らせ
  2. 新卒採用情報を更新しました
  3. 大阪コロナ重症センターの動画を公開しています
  4. 2022年新卒採用についての情報を公開しました
  5. 夏季休業のお知らせ

Archive

  1. 2021年7月
  2. 2021年2月
  3. 2020年12月
  4. 2020年11月
  5. 2020年7月
  6. 2020年5月
  7. 2020年4月
  8. 2019年12月
  9. 2019年9月
  10. 2019年8月
  11. 2019年5月
  12. 2019年4月
  13. 2018年12月
  14. 2018年11月
  15. 2017年12月
  16. 2017年8月
  17. 2016年12月
  18. 2016年2月
  19. 2015年6月
  20. 2015年5月
  21. 2015年4月
  22. 2014年9月
  23. 2014年5月
  24. 2014年1月
  25. 2013年9月
  26. 2011年12月
  27. 2011年2月
  28. 2011年1月
  29. 2010年12月
  30. 2010年11月
  31. 2010年10月
  32. 2010年9月
  33. 2010年8月
  34. 2010年6月
  35. 2010年4月
  36. 2010年3月
  37. 2010年2月

Pagetop