NEWS

News

『辿り着くべくして・・・・・』

その古びたアパートは、私が小学生から高校生の時に住んでいた部屋から見下ろした所に建っていたので毎日毎日朝晩カーテンを開け閉めするたびに否が応でも視界にはいってきた.。茶色のレンガ造りで多分5階建てくらいの高さで屋上に植木が置いてあって、日当たりも良くって眺める度に、一度でイイからそこに住んでみたいと思うようになった。

その部屋から引っ越して10数年後に、私は旅行先のローマでそのアパートとよく似通った古い建物を目にして、なんだかとってもワクワクした。初めてなのに懐かしさがこみあげてきた。引っ越して随分とたつのに、そのアパートのことを思い出したせいだ。

その後内藤に入社して何年かしてからそのアパートが老朽化のため、取り壊されてしまうと知ると同時に同潤会アパートのひとつであり、とても有名な建物であると知った。私は今ひとり暮らしをしている。住んでいるのは、茶色いタイル張りのアパートの一番上の部屋だ。辿り着くべくして、ここに辿り着いた気がする。

東京本社 吉田 由香

サクラ

京都本社の前庭のサクラの木。
今年も綺麗に咲きました。

今年は夜桜ライトアップバージョン♪

『雑学』

名古屋事務所に転勤して、はや3年半が過ぎた。

取り合えず住んだ賃貸マンションの家賃を払うのが馬鹿らしく思えてきて、そろそろ分譲マンションでも買おうかと、出不精の体に鞭打って、休日にマンションギャラリー等に出掛けてみる。

これが意外に楽しかったりする。
販売員さんの話がとても上手で、その地域の色々な特色等を教えて貰える。
(勿論、その物件の付加価値を高め、販売する為ではあるが・・・。)
ただ、毎回毎回、年齢や職業や家族構成や勤続年数や年収やら・・・、
個人情報も何もあったもんじゃ無いくらい、面倒なアンケート用紙に記入を求められる。
ただ、これを真面目に記入してないと、販売員さんの営業魂に火が付かない。
私も設計事務所で営業を担当する職種柄、販売員さんの営業トークは勉強になる。
私にとって、あまり馴染みの無かった名古屋と言う地域の特性や、名古屋人の習性や価値観等を知る良い機会となった。しかも、タダで・・・。

名古屋市内で新築分譲マンションを検索してみると、軽く30件以上の物件が出てくる。
それでも、数年前の半分以下の数だそうだ。
その中でも地域性か、免震構造の物件もいくつかある。
やはり免震構造の物件は、免震の基本的な仕組みや特徴、良さ等を、模型やスライドやパネル等を使い、延々、素人の方にも分かり易くアピールしてくる。
延々と免震構造について一生懸命説明してくれる販売員さん、アンケート用紙に記入した私の職種を読んでくれて無いらしい・・・。

名古屋事務所 副所長 山 本 剛

着物♪

先日、とあるイベントに参加してきました。
なんと着物のモデルっ!!!

5年程前からちょこちょこ着物を着るようになりまして、友達とたまーに着物でお出かけしていました。
なんやかんやで最近着てないなぁ~って時に友達からの誘いがあったので、軽い気持ちで参加しました。
久々に着たのですが、帯を締めるとなんか気が引き締まる感じでいいですね♪
普段、目にしているのはスーツか洋服姿なのですが、その日はみんな着物姿でとても新鮮でした。

ショーが始まったらやっぱり緊張。。。
カフェでのイベントだったのですが、結構人が・・・
お客さんとの距離がとても近いので、歩くので精一杯 心臓バックンバックンでした!
慣れない事は難しいですね。歩いて回って止まってポーズの4パターンしかないのにうまく出来なかったように思います・・・。度胸が足りなかった・・・。
でもまた新しい経験が一つできたので良かったです♪
また近々着物が着たくなりました。

次はなにをしようかな・・・

本社 情報管理部 川島 昌子

『正しい名前で呼ぶこと』

小雨の振る中、先日観た映画の内容を思い返す。映画の表題は「Into The Wild」。主人公のクリスは、裕福な家庭に育ち、その上学業優秀で将来を有望視されていたが、大学卒業と同時にこれまでのしがらみを全て捨てて一人アラスカへ旅立つというお話。監督・脚本はショーン・ベン。

映画の中で「物事を正しい名前で呼ぶ」という一節が登場するのですが、物事を正しい名前で呼ぶということ。それは気づかなかったものに一つ一つ名前をつけて意識するということに近いと思います。

建築の設計も、おせっかいにも気遣いの連続。些細な事に気づき、名前を与え続ける作業。より物事を細分化して意識し・考えるということは、設計にも当てはまる気がします。そんな事を気づかせてくれた映画でした。

そんな事を考えていると、似たようなフレーズをどこか以前にも見たような…
長野県にある碌山美術館に、戸張孤雁(とばりこがん)さんのある言葉が壁に刻まれていたのを思い出した。

「自然はその美を各人の掴み取りに任している。手の大なる人は多く取り、小さなる人は少なく取る。」

捉え方は違うけれども、本質は同じような気がします。どれだけ深く意識し・考え・気づく事が出来るか。

そんな事を考えながら、ふと意識を外に向けると雨が止んでいる中一人傘をさし続けている自分に気づいて、このまま傘を堂々とさし続けようか、そそくさと傘を閉じてしまおうか。周囲に気づけない自分に気づき、全く修行が足りんという事に気がつくのです。

名古屋事務所 設計室  田中 宏尚

Category

  1. ブログ
  2. お知らせ

New Entry

  1. 緊急事態宣言解除に伴う対応について
  2. 【医療関係の皆様へ】仮設病院の企画書V2.0を発表しました。
  3. 【医療関係の皆様へ】仮設病院の企画書を発表しました。
  4. 緊急事態宣言発令に伴う対応について
  5. 新型コロナウィルス感染拡大防止の対応実施について

Archive

  1. 2020年5月
  2. 2020年4月
  3. 2019年12月
  4. 2019年9月
  5. 2019年8月
  6. 2019年5月
  7. 2019年4月
  8. 2018年12月
  9. 2018年11月
  10. 2017年12月
  11. 2017年8月
  12. 2016年12月
  13. 2016年2月
  14. 2015年6月
  15. 2015年5月
  16. 2015年4月
  17. 2014年9月
  18. 2014年5月
  19. 2014年1月
  20. 2013年9月
  21. 2011年12月
  22. 2011年2月
  23. 2011年1月
  24. 2010年12月
  25. 2010年11月
  26. 2010年10月
  27. 2010年9月
  28. 2010年8月
  29. 2010年6月
  30. 2010年4月
  31. 2010年3月
  32. 2010年2月

Pagetop