BLOG

Blog

駒井家住宅をたずねて

駒井家住宅は、京都帝国大学理学部教授であり遺伝学者であった駒井卓博士の住居として、1927年(昭和2年)に建てられました。設計は、米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズによるものです。

駒井博士は、ショウジョウバエの研究で有名です。また、昭和天皇に生物学を教授された学者としても知られています。静江夫人は、ヴォーリズに嫁いだ一柳満喜子さんと神戸女学院時代の学友でもありました。

では少しだけ駒井家住宅の説明をさせていただきます。外観はアメリカン・スパニッシュ様式を基調とした意匠に、屋根は切妻屋根の赤色桟瓦葺で、外壁面はモルタルのスタッコ仕上げになっています。内部は、洋風住宅の一角に和室のある折衷的な間取り、やわらかい曲線によるホール階段、居間にある腰掛付き出窓は腰掛けの下に収納スペースのある実用性に優れた設えなど、わくわくしながら説明を聞きました。

桜並木の白川疎水に面し、現在も閑静な住宅地にありますが、建てられた当時は東の比叡山、北の岩倉方向には一軒の家もなく、すばらしい景色が広がっていたようです。

隣家は武田五一の設計と聞き、師弟関係にあった内藤資忠も駒井家住宅を訪問されたのではないかと思いました。

小一時間ほど住宅について親切な説明を受けた上、最後に温室(今は休憩室)にてお茶をいただきました。内部もいっぱい写真を撮らせていただきましたが、京都市指定有形文化財になっていますので・・・是非みなさんも駒井家住宅を訪問してください。

情報管理室 Yoshio Nakai

Category

  1. ブログ
  2. お知らせ

New Entry

  1. 2019年新卒採用についての情報を公開しました
  2. 夏季休業のお知らせ
  3. 2018年新卒採用についての情報を公開しました
  4. 東京の街巡り
  5. 福岡を散歩

Archive

  1. 2017年12月
  2. 2017年8月
  3. 2016年12月
  4. 2016年2月
  5. 2015年6月
  6. 2015年5月
  7. 2015年4月
  8. 2014年9月
  9. 2014年5月
  10. 2014年1月
  11. 2013年9月
  12. 2011年12月
  13. 2011年2月
  14. 2011年1月
  15. 2010年12月
  16. 2010年11月
  17. 2010年10月
  18. 2010年9月
  19. 2010年8月
  20. 2010年6月
  21. 2010年4月
  22. 2010年3月
  23. 2010年2月

Pagetop