BLOG

Blog

第42回 秋まつり♪

澄み渡った青空~
きらめく湖面~
吹き抜ける涼風~
ボートのオールを軽やかに操り、愛をかたる・・
ではなく、恒例となった社内イベント「琵琶湖ボートレース大会」の一コマ
琵琶湖大橋沿いに、対岸まで手漕ぎボートで2往復する過酷なレース

1往復を終了した時点で第3位・・
むかいで僕の彼女ではなく・・組み合わせでペアとなった新入社員のお嬢様がつぶやく
「賞品はデジカメ(優勝賞品)がほしいんですう~」
俄然、漕ぎ出す・・
横断する観光船の波にゆられ
えり(鮎を捕る琵琶湖独特の仕掛け)にからみ
バス釣りのお兄さんにいやそうな顔をされながらも
水しぶきをあげて猛進

3日後・・
デジカメを持つ僕の手のひらは豆だらけ、おまけに筋肉痛で腕が全く上がらない・・
40代後半の歳を感じ・・すぎた日を後悔する・・

総務部 植田 善富

中秋の名月

9月といえば中秋の名月。
今年は9月22日が中秋の名月だったそうですがお月見されましたか?
こちらは、曇っていて残念ながら見ることができませんでした。

古来より 月を眺めながら 和歌を詠んだり お酒を飲み交わしたり
今も 各地で様々な趣の観月宴が開かれています。

京都でも お寺や神社などで 観月の催しが行われました。
この写真は、今年の物ではないそうですが、N部長からいただきました。
                           (N部長ありがとうございます。)

鴨神社の「名月管弦祭」
かがり火が焚かれた境内にて、平安装束を身につけた楽人により演奏される舞楽管弦、
十二単衣の平安貴族舞などが奉納されます。

雅な世界~♪

平安の時代から続く観月宴
有名な歌人や 貴族たちが 和歌の出来を競ったようですが

私の知っているのは ひとつだけ

『 月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月 』(詠み人知れず)
31文字の中に「月」という字が8回使われていて、8月(旧暦)を表しているそうです。

有名な方ではなかったのでしょう 作者不明ですが
早口言葉みたいで面白いし 語感も響きもいいから覚えやすいし
千余年の時を越えて 愛され続けている和歌って素敵だと思います

「記録より記憶に残る」 って こういうことですよね
あれっ? このセリフ 誰が最初に使われたのでしょう?
ご存知の方教えてください

京都本社 企画営業部 堀井深雪

Category

  1. ブログ
  2. お知らせ

New Entry

  1. 2020年新卒採用についての情報を公開しました
  2. 2019年新卒採用についての情報を公開しました
  3. 夏季休業のお知らせ
  4. 2018年新卒採用についての情報を公開しました
  5. 東京の街巡り

Archive

  1. 2018年11月
  2. 2017年12月
  3. 2017年8月
  4. 2016年12月
  5. 2016年2月
  6. 2015年6月
  7. 2015年5月
  8. 2015年4月
  9. 2014年9月
  10. 2014年5月
  11. 2014年1月
  12. 2013年9月
  13. 2011年12月
  14. 2011年2月
  15. 2011年1月
  16. 2010年12月
  17. 2010年11月
  18. 2010年10月
  19. 2010年9月
  20. 2010年8月
  21. 2010年6月
  22. 2010年4月
  23. 2010年3月
  24. 2010年2月

Pagetop