ARCHIVE

実績紹介

特別養護老人ホームみどり苑宗像

 当施設は緑豊かな宗像市河東に位置し、建物を低層に抑えることにより周囲の自然環境に配慮した計画としました。1階エントランスホール正面に交流ホールを設け、来訪した地域の方々や家族がどのような施設か一目でわかる空間構成としました。交流ホールは吹抜を設け、ハイサイドライトより光を取り入れることで開放的な空間とし、上下階の空間のつながりが入所者同士の交流を促進させる場として利用できるようにしました。各ユニットは共同生活室から居室の見守りを容易に行える配置とし、全てのユニットが光庭から光や風を感じることが出来る計画としました。2ユニット毎に花をコンセプトとしたユニット名を設け、ユニット名から連想できるユニットカラーをアクセント色として出入口や居室に配色しました。

■所在地
福岡県宗像市河東

■延床面積
4,776.07㎡

■構造
鉄骨造
地上2階建て

■竣工
2017年7月

■定員
60名(ショートステイ10名含む)

■全体定員
同上

福祉人材育成センター マ・ルート

入江に建つ、人と人の支え合いを促進するコミュニティセンター

 敷地の正面には宮津湾の雄大な海景色が広がります。宮津湾を前に南側には宮津市の営みが灯としてたゆたい、それを見守る妙見山の山景が広がり、北側には天橋立が空と海との間に神秘的な絶景をつくります。   
 様々な風景が折り合う、眺望の素晴らしい敷地に、【Our Place 私たちの居場所】という事業コンセプトのもと、計画を行いました。
 子ども・大人・お年寄り、疾患や障がいの有無に関わらず、「ごちゃまぜ(多世代交流)」とすることで、人と人の支え合いを促進する施設を目指し、誰でも気軽に立ち寄れる場所となるような佇まいとしました。
 外観は心安らぐ色調や木材を用い、福祉施設という垣根を感じさせないイメージとしました。また、既存船着き場を改修し、海釣りや宮津湾のイベントで地域に開放できる「海を臨むデッキ」を計画し、気軽に立ち寄れる場所をカタチとしました。エントランスホール・teo-toriatteラウンジを取り囲むように、特別養護老人ホームや障害者通園施設、保育所、宿泊施設付き実習センターの各用途を配置し、それぞれの生活が敷地内に点在する「ごちゃまぜ(多世代交流)」とし、利用者がこころ豊かで安心・安全に暮らせる空間としています。

■所在地
京都府宮津市字波路小字峠ノ浜

■延床面積
3,543.11㎡

■構造
鉄骨造3階建 一部木造2階建

■竣工
2017年7月

介護付有料老人ホーム ぬまみどり

『医療・介護・住まい』の機能を組み合わせた施設

 当施設は高台の閑静な住宅街に位置し、高蔵山の緑・上層階からの周防灘の眺望等、自然を取り込み快適な住環境となるよう整備しました。1階の共用エリアには入居者サービスとして、リハビリ室、カラオケ・シアターなど健康増進や娯楽が提供可能な諸室を整備し、エントランスや地域交流室・多目的室は各種行事の開催や地域の方々のサロン・クラブ活動、家族交流などに利用でき、入居者・家族・地域の交流の場として整備しています。2~5階に居室フロアを設け、居室の見守りを重視して各居室の中心にスタッフエリアを設置しました。四季が感じられる花のカラーを各フロアの内装・サイン・家具に取り入れ、四季の植栽をエントランスまわりに設けたことで、季節が感じられる施設としました。

■所在地
福岡県北九州市小倉南区沼緑町

■延床面積
3,979.08㎡

■構造
鉄筋コンクリート造
地上5階

■竣工
2017年4月

■定員
80

■全体定員
80

特別養護老人ホーム かたの美来

住み慣れた地域で生活する介護施設

 敷地の北側、南側に住宅が建ち並んでいるため、平面形状をL型とし、入所者の生活する場を近隣住宅と近距離で向かい合わせない配置計画とした。また、敷地に高低差があり、計画建物の3階・屋上が近隣住宅の生活するレベルと同じ高さになるため、計画建物から出る音・光・臭いに対して慎重な計画を行っている。1階の南側に面した部分にデイサービスを配置し、明るく開放された空間とした。2階・3階の各ユニットの突き当りをオープンエンドとし、閉塞感のない空間とした。L型の中央に管理部門を集約する事により職員の移動が短くなるように考慮している。内装は木目を基調とし、個室とトイレの扉色、共同生活室と個室の床の色を分け、利用者にとって分かりやすいことを念頭に色調の選定を行った。

■所在地
大阪府交野市東倉治

■延床面積
1,817.45㎡

■構造
鉄骨造
地上3階

■竣工
2017年3月

■定員
67

■全体定員
67

社会福祉法人幸生会 諫早療育センター

安心・安全に生活できる障害児入所施設

 諫早療育センターは医療が必要な重症障害児の入所施設として、長崎県内で数多くの福祉事業を行う、当法人の障害者福祉施設の拠点として建替えを行いました。
 入所者は重症度が高く、NICU・PICU等の集中治療を終えた障害児が入所するため、医療環境の充実および、療養環境の向上を目指しました。
病棟は重症度による編成となっており、超重症児フロアは医療との連携を考慮し診療部門と隣接配置しています。
 災害時、自走避難のできない入所者に対応するため、ベッドのまま病室からバルコニーへの避難を容易とし、且つ全周バルコニーによって水平移動できる安全な避難計画としています。また、内装や設備等、入所者の障害とならない安心して利用できるディティールとしています。

■所在地
長崎県諫早市有喜町

■延床面積
12,095.96㎡

■構造
RC造 一部S造
地上4階

■竣工
2016年9月

■病床数
180

■全体病床数
180

1 / 512345

Category

  1. 医療施設
  2. 福祉施設
  3. 教育施設
  4. その他

New Entry

  1. 静岡医療センター さくら病棟
  2. 特別養護老人ホームみどり苑宗像
  3. 福祉人材育成センター マ・ルート
  4. 太良町学校給食センター
  5. 宝達志水病院

Archive

  1. 2017年8月
  2. 2017年7月
  3. 2017年5月
  4. 2017年4月
  5. 2017年3月
  6. 2017年2月
  7. 2017年1月
  8. 2016年9月
  9. 2016年4月
  10. 2016年3月
  11. 2016年2月
  12. 2016年1月
  13. 2015年9月
  14. 2015年7月
  15. 2015年5月
  16. 2015年3月
  17. 2015年2月
  18. 2015年1月
  19. 2014年12月
  20. 2014年10月
  21. 2014年9月
  22. 2014年8月
  23. 2014年7月
  24. 2014年6月
  25. 2014年5月
  26. 2014年3月
  27. 2014年2月
  28. 2013年12月
  29. 2013年11月
  30. 2013年10月
  31. 2013年8月
  32. 2013年4月
  33. 2013年3月
  34. 2013年2月
  35. 2013年1月
  36. 2012年12月
  37. 2012年11月
  38. 2012年9月
  39. 2012年8月
  40. 2012年7月
  41. 2012年6月
  42. 2012年5月
  43. 2012年4月
  44. 2012年3月
  45. 2012年2月
  46. 2011年11月
  47. 2011年10月
  48. 2011年9月
  49. 2011年5月
  50. 2011年4月
  51. 2011年3月
  52. 2011年2月
  53. 2011年1月
  54. 2010年12月
  55. 2010年10月
  56. 2010年8月
  57. 2010年6月
  58. 2010年5月
  59. 2010年3月
  60. 2010年2月
  61. 2010年1月
  62. 2009年12月
  63. 2009年11月
  64. 2009年9月
  65. 2009年8月
  66. 2009年7月
  67. 2009年6月
  68. 2009年3月
  69. 2009年2月
  70. 2008年12月
  71. 2008年10月
  72. 2008年8月
  73. 2008年7月
  74. 2008年3月
  75. 2006年4月
  76. 2006年3月
  77. 2005年11月
  78. 2005年2月
  79. 2004年5月

Pagetop