ARCHIVE

実績紹介

静岡医療センター さくら病棟

『見守りやすく・集まりやすい』をコンセプトとした重症心身障害児(者)病棟

 静岡医療センター敷地内に静岡富士病院の重症心身障害児(者)病棟を移転増築しました。
 デイルームとスタッフステーションを中心として周囲に病室を配置することで、『見守りやすく・集まりやすい』病棟プランニングとしています。患者様にとって病棟は日々の生活を過ごす家であり、屋上庭園・富士山デッキ・中庭・トップライトなど緑や光・風など豊かな自然を身近に感じられる場所を多く設けています。サイン計画はピクトグラムを多用して、部屋ごとに異なる表札のような病室サインを設置したり、風景を切り取ったアートボードなど、言葉を発することが難しい患者様の感性に語り掛けコミュニケーションツールとなるようデザインしました。また付近名所の柿田川湧水群をイメージして、ブルーを基調とした爽やかな内装計画としています。

■所在地
静岡県駿東郡清水町

■延床面積
4,772.99㎡

■構造
鉄骨造
地上3階

■竣工
2017年8月

■病床数
60

■全体病床数
450

宝達志水病院

 宝達志水病院は「患者さんにやさしく信頼される病院」を基本理念とし、将来の医療・福祉の連携を見据え、地域の基幹病院としての機能強化を実現するために新病院の建て替えが計画されました。設計にあたっては、宝達志水町の地域性を十分考慮し、安全性・機能性・快適性・可変性に優れた、町民から親しみと信頼を得られる病院を目指しています。
 1階はエントランスホールから総合受付・外来受付を一望できる分かりやすい計画としています。高齢者の患者さんが多いため、診察から検査までの動線を明快でシンプルな計画とし、移動負担の少ない平面計画としています。開放的な吹抜空間の外来待合には「宝達志水町の四季」と名付けたアートワークを計画し、地域性を感じ、温かく癒される空間としています。
 2階はリハビリテーション、手術室、厨房、管理諸室を配置しています。患者エリアとスタッフエリアを明確に分離し、セキュリティを高めています。南側には屋外歩行訓練も出来るバリアフリーのリハビリ庭園を計画しています。
 3階はH型形状の病棟でスタッフステーションから病室の看護動線が短い計画とし、2病棟のスタッフステーションをバックヤードでつなぐことで連携が取れる計画としています。又、南側には宝達山系が一望できる明るい食堂を計画し、患者さん、ご家族の方も癒される空間づくりを行っています。
 外観デザインは宝達山系の山並みに調和した水平ラインが伸びやかなデザインとし、アースカラーを基調色とした温かみのある色彩計画としています。又、北陸の冬の曇り空にも青空を感じる爽やかな「空色タイル」を織り交ぜ、地域の人々を優しく迎え入れます。

■所在地
石川県宝達志水町

■延床面積
5,940.89㎡

■構造
鉄筋コンクリート造(免震構造)
地上3階

■竣工
2017年4月

■病床数
70

■全体病床数
70

住友内科病院

地域に密着した病院の移転新築で機能拡充

昭和52年に開業した病院の移転新築です。新病院の特徴は三つあります。
①急性期を過ぎた患者さんがあせらずに療養やリハビリができる医療療養32床
②心臓リハビリと通所リハビリを強化した環境整備
③透析医療の拡大(風を感じない全空気式放射整流空調の採用)
女性医師が常勤し、優しく清潔感あるインテリアデザインを目指しました。

■所在地
徳島県徳島市

■延床面積
2333.47㎡

■構造
鉄骨造、地上4階

■竣工
2017年3月

■病床数
療養病床32床、透析25床

東京北医療センター南館

先進医療の充実と患者アメニティーの向上を図った新棟施設

 東京北医療センターは赤羽台の緑豊かな高台にある周産期医療、小児夜間医療、救急医療に力を入れた中核病院です。今回敷地内に別棟として血液の様々な診療を行う血液内科外来、幹細胞の調整や検定を行うCPCや高い清浄度を確保できる無菌病室を有する血液内科病棟を増築しました。病棟はコンパクトで効率的な動線によりスタッフが見守りやすい計画としています。高台から見下ろすことができる位置にあるデイコーナーは患者や家族の安らげる場所となっています。
 また地域から愛され、親しまれ、信頼される病院を目指しており、地域より要望のあったカフェテリアと病児病後児保育室を新棟1階に新設しました。カフェテリアは東京北医療センターオリジナルの設計であり、待合システムを組み込んで診察の待ち時間に利用できるようにしたり、医療ガスを配置するなど病院としての機能を盛り込みながら患者アメニティーの向上を図っています。

■所在地
東京都北区赤羽台

■延床面積
3,728.46㎡

■構造
鉄筋コンクリート造
地上4階地下1階

■竣工
2017年2月

■病床数
63

■全体病床数
343

徳島県立海部病院

南海トラフの巨大地震を迎え撃つ「前線基地」

 南海トラフ巨大地震による津波(10m強予測)被害への抜本的対策として、公立病院初の高台(TP+15.6m)への移転改築事業が進められた。敷地は一つの山の切り崩し、高台に病院敷地の造成を行った。“平常時、救急病院としての医療機能を備えつつ、災害時に負傷者の治療・受入れがスムーズにできる可変性をもつ災害対策強化病院「リバーシブル病院」“が設計主旨である。
 南海トラフの巨大地震を迎え撃つ「前線基地」であり、「平常時」と「災害時」の双方でシームレスな医療の提供を可能としている。
 病院棟と立体駐車場の屋上の2か所にヘリポートを設置しており、病院棟は平常時はドクターヘリの運行による救急医療体制の強化を図り、立体駐車場の屋上ヘリポートは、災害時の防災ヘリや自衛隊ヘリを運行することで、平常時と災害時の双方でシームレスな医療の提供を図る計画である。
 発災時には、ツインヘリポートで負傷者や物資を大規模に搬送するとともに、4階病棟を「災害病棟・災害時ICU」として運用を可能とし、「先端災害医療拠点」として、迅速かつ効果的な災害医療を提供する。

■所在地
徳島県海部郡牟岐町

■延床面積
病院棟10,759.71㎡

■構造
鉄筋コンクリート造、免震構造、地上6階、PH1階

■竣工
2017年1月

■病床数
一般病床102床、結核4床、感染症4床 計110床

1 / 1412345...10...最後 »

Category

  1. 医療施設
  2. 福祉施設
  3. 教育施設
  4. その他

New Entry

  1. 静岡医療センター さくら病棟
  2. 特別養護老人ホームみどり苑宗像
  3. 福祉人材育成センター マ・ルート
  4. 太良町学校給食センター
  5. 宝達志水病院

Archive

  1. 2017年8月
  2. 2017年7月
  3. 2017年5月
  4. 2017年4月
  5. 2017年3月
  6. 2017年2月
  7. 2017年1月
  8. 2016年9月
  9. 2016年4月
  10. 2016年3月
  11. 2016年2月
  12. 2016年1月
  13. 2015年9月
  14. 2015年7月
  15. 2015年5月
  16. 2015年3月
  17. 2015年2月
  18. 2015年1月
  19. 2014年12月
  20. 2014年10月
  21. 2014年9月
  22. 2014年8月
  23. 2014年7月
  24. 2014年6月
  25. 2014年5月
  26. 2014年3月
  27. 2014年2月
  28. 2013年12月
  29. 2013年11月
  30. 2013年10月
  31. 2013年8月
  32. 2013年4月
  33. 2013年3月
  34. 2013年2月
  35. 2013年1月
  36. 2012年12月
  37. 2012年11月
  38. 2012年9月
  39. 2012年8月
  40. 2012年7月
  41. 2012年6月
  42. 2012年5月
  43. 2012年4月
  44. 2012年3月
  45. 2012年2月
  46. 2011年11月
  47. 2011年10月
  48. 2011年9月
  49. 2011年5月
  50. 2011年4月
  51. 2011年3月
  52. 2011年2月
  53. 2011年1月
  54. 2010年12月
  55. 2010年10月
  56. 2010年8月
  57. 2010年6月
  58. 2010年5月
  59. 2010年3月
  60. 2010年2月
  61. 2010年1月
  62. 2009年12月
  63. 2009年11月
  64. 2009年9月
  65. 2009年8月
  66. 2009年7月
  67. 2009年6月
  68. 2009年3月
  69. 2009年2月
  70. 2008年12月
  71. 2008年10月
  72. 2008年8月
  73. 2008年7月
  74. 2008年3月
  75. 2006年4月
  76. 2006年3月
  77. 2005年11月
  78. 2005年2月
  79. 2004年5月

Pagetop